G-QZHN868JNR

Velocidrone で飛ぶ(7)/簡単コースの選び方

VelociDrone
VelociDrone画面より

どうやら初心者には Velocidrone のデフォルトコースのレベルは高すぎました、ってことで飛ぶコースを見直します。

VelociDroneのコース設定は次のようにやるようです。下の画面中の「TRACS」にある下のリストから「これは」、というのを選び、その右の「FLY」をクリック。そのコースがロードされます。次回からはその選んだコースが「CURRENT TRACK」となります。

Velocidrone 画面より

しかし、、数多すぎです。内容も正直何書かれているのかわかりません。
眺めていて、なんとなく「SCENERY」はシーンの説明、「RATING」にある数字はクリアした人の数?ということがわかってきました。☆の数は難易度かなぁ?という気もしましたが、いまだにわかってません。。
初心者向きの易しいコースはないのか、と調べてみましたら、いつも参考にさせていただいていますサイト内に次のような情報がありました。

VelociDrone初心者向けシーンの紹介 | VelociDroneの遊び方 | ドローン入門:ホビードローンの飛ばしかた | iPod/iPad/iPhoneのすべて
AppleiPhoneの使い方、困ったときのQ&A、アクセサリカタログ、ニュースなど情報満載。iPad(アイパッド)、iPod(アイポッド)、iPhone(アイフォーン)、iPodnano(アイポッドナノ)の製品紹介や仕様の解説も豊富。iPhoneのすべてがわかる総合サイトです。

いろいろ紹介されていますが、ワタクシメには障害物がたくさんある閉鎖空間などはまだまだ無理に決まってます。そこで開放的なシーンとして、「Countryside(田舎)」、「Empty Scene Day」の2つに絞って、練習できそうなコースを探してみることにします。ん、どうも下の方を選べばフィルタがかけられるようです。リストの中から「Countryside」を選んでクリックしてみました。

Velocidrone 画面より

コースは絞られましたが、、それでも選択肢多い。50くらいあるんではないでしょうか…、ふぅ。
またまた、よくわからないので、「RATING」の横にある、(たぶんクリアした人の数だろう)数値の一番多い(則ち易しい?)コース「HDR-Trainer-LEVEL1」にトライしてみることにします。

VelociDrone画面より

ロードされて、初期画面表示。
あっ、そ、爽快!

Velocidrone 画面より

これ、実はスタート前の画面なのですが、スタートしていないこの状態でもドローン操縦できます。いや、むしろ、この状態でしばらく飛んだ方が感覚掴みやすいかもしれません。「start」をクリックするとタイムアタック?場面へと移行します。タイムアタックは‥、自信ないので、しばらくお預けってことで。

タイトルとURLをコピーしました