G-QZHN868JNR

プロポ ・セッティング (11)/MODEL MIXES画面設定、やっとこ完了?

ドローンシミュレーター

次にドローン プロポ 「MODEL MIXES」値の設定です。ページ番号は[6/12]。カーソルを右上に当てて、「MDL」ボタンをピコピコと押していけば下の画面にたどり着きます。

6/12ページのMIXES設定画面

ここは・・結論から言えば、「とりあえず何もしなくても大丈夫」です。ワタクシメのような超初心者、ド素人レベルですと、プロポの操縦は左右のスティック操作がやっとです。操縦中に優雅に他のスイッチをいじっているような余裕はありません。なので、同じような初心者レベルの方は、この画面にて他のスイッチを設定するのは、もうちょっと慣れてからで良いのではないかと思います。実のところ、ワタクシメ、最初はこの画面から他のスイッチもの設定も一生懸命しようとしたのですが、途中であちこち動きが怪しくなり、うまくいきませんでした。半分諦めて左右スティックの設定のみに絞ったところ、次に進むことができたのです。なんでい!
しかも、プロポを本物のドローンではなくシミュレータで動かす場合は、繋ぐシミュレータ側でPCのキーボードやマウスを使って、上記でやろうとしていたあれこれの操作もできるようです。なので、最初はこの設定、調整にはあまり深入りしなくてもよいと思います。用語もド素人には敷居が高すぎて理解できるまでの時間と手間を考えると、心折れそうになりますのでここ一旦、飛ばしましょう。まあ、プロポのスイッチで全て操作できるとカッチョいいんですけどね。
ただ、念のため、中の画面も確認しておきますね。試しにCH1を開くとこんな感じです(開き方はINPUTS画面と同じです)。

CH1の内容・・正直、わかりません。。

MODEL MIXES画面設定はこれで終了です。何もしなかった?そうなんです・・
また、後続の[7/12]-[12/12]画面も基本なにもしなくても大丈夫です。
これでプロポ自体の(本当に基本的な)セッティングは完了です。最初の画面に戻しておきましょう。

ただ、これで全完了ではありません。次からはシミュレータVelociDroneとプロポとの接続、連携設定の苦闘編になります。あ、でもワタクシメは苦闘しましたが、同じ轍を踏まなければスムーズに行けますよ、大丈夫!

JUMPER T-LITE V2 2.4Gプロポ送信機 マルチプロトコル 技適認証済み OPENTX ホールセンサースティック Frsky/Futaba/Hitecなどに対応 モード2 RCドローン/ヘリコプター/飛行機用

価格:15,883円
(2023/9/5 11:50時点)

タイトルとURLをコピーしました